佐々木工務店 TOP現場リポート雲場の別荘

軽井沢町雲場 別荘
2016.5〜

   完成!
建物は無事完成し、お施主様に引き渡しました。
別荘作品集に追加しましたので是非ご覧ください!
別荘作品集 
#50 2016-Kumoba Y house
 

 外構石張り
寒冷地では地面が凍結膨張によって盛り上がってしまい、張った石を破損してしまいますので、下地を強固なコンクリートで制作します。
その上に砂セメントを使用して石張り。
石は石英岩、スパークリングクオーツという物を使用。乱形をきれいに並べていくのは職人のセンスです。

   玄関石張り
   外構工事
建物周り、屋根の雨が落ちる箇所には浅間石の砂利を敷きます。
これによって雨落ちによって泥はねなどで外壁を汚すことなく、建物をきれいに保てます。
   洗面台制作
洗面台は既製品ではなく、家具造作として施工。
お施主様の好み、使いがってに応じたフルオーダーです。
   キッチンタイル施工

   外壁工事
外装があらかた完成し、一番最初にお見せしたCGと同じものが現実のものとして現れました。
   タイル施工
外部のアクセントとなる組石調のタイルを貼り上げます。
メーカーの技術革新でタイルのテクスチャーが精密に、美しくなってきています。

   内装下地施工
クロスを貼る下地の石膏ボードを施工します。
薄いビニルクロスは下地施工の良し悪しを陰やスジという形で表に出してしまうので、くるいの無いように精度よく貼り込んでいきます。
   ボード下地施工
壁の下地の石膏ボードを貼るための下地を施工します。

現場発泡ウレタン断熱
はめ込み型の断熱材が多く使われる中、弊社では現場発泡ウレタンを断熱材として使用しています。
現場で隙間なく吹き付けられその場で発泡するこの断熱材は柱・梁としっかり接着し、隙間風の入る余地を作りません。
数値で示される断熱性能ははめ込み型と変わりませんが、外の冷気・熱気を隙間なく防ぐこの工法は室内空間の快適性をしっかりと守ります。
   透湿防水紙の施工
建物を透湿防水紙で被っていきます。
木造柱の湿気を放出しつつ、外部の結露などの水分をシャットアウトします。
   屋根板金工事
屋根板金を葺いていきます。
アスファルトルーフィングの上にカラー鋼板を敷きつめます。屋根の防水はこの2つでこれから何十年も雨や雪から建物を守ります。
   屋根板金工事
建物を雨から守る屋根を作っていきます。
野地合板の上に防水層を作るアスファルトルーフィング紙の敷きつめ。
隙間なく確実に。
   建て方作業
工場加工された木造軸組みを搬入し、クレーンで順序良く組み立てていきます。
1日作業であっという間に建物の形が組みあがりました。
   基礎完成
コンクリートを打設し、硬化により強度が出るまで型枠でその形状を保ち、その後型枠を外し埋戻し。
上に載る木造家屋をしっかり支え、地面にその重量を均一に伝える基礎が完成しました。
   鉄筋・型枠工事
基礎の強度はコンクリートと鉄筋で保たれます。
適切な数・太さの鉄筋を配します。これらの鉄筋はコンクリートを打設する前に検査機関の検査を受けます。
   基礎工事
地面を掘り下げ、安定した地盤に基礎を施工します。
   地鎮祭
神様に工事の安全をお祈りします。

マウスオンで拡大
この建物を立てていくプロセスをご紹介します。


Copyright(C) Sasaki Koumuten All Rights Reserved.