佐々木工務店 TOP現場リポート軽井沢町中軽井沢 別荘

軽井沢町中軽井沢別荘
2018.11〜

大人の遊び場

   断熱工事
木下地のみだった室内空間、薄緑色の現場発泡ウレタンを吹き付けて断熱層を作ると外気温に影響を受けない空間ができます。まだ暖房設備などはありませんが、まだ寒いこの時期の職場環境が一気に暖かく改善。ウレタン断熱材の効果を実感します。
   防水工事
バルコニーの床面に防水を施工します。雨のかかる箇所は慎重に慎重を重ね確実な施工を
   床暖房設備
床暖房はフローリングの下に施工します。厚さ12oの床暖房パネルにボイラーで温めた温水を通し、フローリングを介して室内を暖めます。風の生じない暖房方式は体にやさしくとても居心地の良い空間を作ってくれます。
   外装工事
白木目のサイディング材を貼りました。明るい色調でキレイです。
   外装下地施工
これから長い年月風雨にさらされる外壁材を施工する為に、透湿防水シート・通気胴縁を施工します。
長年の耐久性を確保する為には木造軸組みが乾燥した状態を維持できることが大切になってきます。
   屋根板金
屋根板金を施工します。
板金施工に至るまでに垂木・野地板・遮音材・アスファルトルーフィング施工といくつもの工程を挟み、これから何十年もの間風雨にさらされる屋根を健全に保つ構造を作ります。
   建て方
工場で加工した木造軸組み材をクレーンを使用して組み立てます。
   土台施工
建て方作業に向けて土台を施工し、床下断熱材となるスタイロフォーム、根太、床下地合板を施工。
建て方作業前までに1階床を作ってしまいます。
   防水
コンクリートが地中に埋まる部分については防水を施し、基礎内部に湿気が入らないようにします。
この後、土を埋め戻して基礎が完成となります。
   型枠脱型
コンクリートが硬化したのち、型枠を脱型します。
   コンクリート打設
正確に建てられた型枠と鉄筋にコンクリートを流し込み、基礎を形作ります。
   鉄筋工事
鉄筋を必要本数を必要な間隔で施工します。
コンクリートを打設して隠れてしまう前に第3者機関による検査を受けます。
   型枠施工
地盤改良した上に砕石、断熱材を敷き型枠を施工します。
 
 地盤改良
地盤調査の結果、建物をのせるには地盤が軟弱であると判断し、地盤改良を選択しました。
今回は柱状改良です。2mピッチ位で現地の土にセメントを混ぜながら柱状に改良体を施工していきます。
この建物を立てていくプロセスをご紹介します。


Copyright(C) Sasaki Koumuten All Rights Reserved.