佐々木工務店 TOP現場リポート軽井沢東の別荘

軽井沢町軽井沢東 別荘
2015.11〜
市街地の別荘

   外装工事
2階外壁は耐久性の高い吹き付け材(AICA ジョリパッド)で仕上げます。奥と手前を同じ材料ですが色を変えて施工し変化を持たせています。
   外装工事
1階はセメント系の擬石を張り上げてゆきます。一つ一つを張り上げるこのタイプの外装材は、大きなボードで張り上げる一般的なサイディングより凹凸がしっかりと作り込まれており、高い質感を演出します。
   内装下地
断熱工事が完了すれば、内装下地を施工していきます。ここからどんどん部屋の形が明らかになっていきます。
   断熱工事
ウレタン断熱を施工しても小屋裏は他より外気の影響を受けやすいので、室内との境に再度グラスウールで断熱層を設けます。
   断熱工事
外気に面する部分、外壁・屋根・基礎はすべて現場発泡ウレタンによって断熱施工されます。
   サッシ施工中
   屋根断熱
屋根面は既設の温度差が激しい箇所。その屋根面の温度変化が室内に影響しないように、屋根直下に空気層を設けます。
野地板の下垂木間を空気層として、垂木に断熱材(スタイロフォーム)を張り付けます。
  筋違施工
水平垂直の部材だけでは建物は横の力(地震力・風圧力)に弱いため、筋違を施工します。斜め材が加わることで、建物はしっかりします。

建て方
工場加工した木造軸組みをクレーン車を使用して組み立てます。
協力業者皆さんで1日で一気に組み上げます。
   浸透トレンチ
土質や敷地形状によっては降った雨がなかなか土中に浸透されず、ぬかるんだり水たまりができたりします。それを防ぐために水はけのいい砕石で浸透を促すトレンチを施工しました。
 
 基礎完成
綺麗なコンクリートが打ちあがりました。コンクリートは一度流し込んだらやり直しがききません。
生ものを扱う仕事は確認を怠らず、丁寧に進めていきます。

   基礎工事
平滑に均された地盤に直接断熱材を敷き込み、型枠を施工。
建物の重さをしっかりと均等に地盤に伝えるために、鉄筋を規程の本数・既定の間隔で配置します。
   地盤改良完了
改良体を地中に施工してその上に施工する基礎の為に一旦地盤を平滑に均します。
 
 地盤改良
軽井沢は地盤の軟弱な土地が多いので、あらかじめ地盤調査をしてその結果に応じ地盤改良を行います。
地盤改良の方法はその都度地盤の状況に応じて無駄のない方法を選択します。
今回は認定工法のMS工法を選択しました。
http://www.conglo.co.jp/ms/

軟弱地盤を固化させるための固化材(セメント)を搬入(写真下)家一軒の為にこれだけの固化材を必要とします。

マウスオンで拡大
この建物を立てていくプロセスをご紹介します。


Copyright(C) Sasaki Koumuten All Rights Reserved.