佐々木工務店 TOP外構・植栽・デッキ
外構・植栽・デッキ

敷地を楽しく、無駄なく、快適にする提案
大雨、洪水、台風時にも安心



家を建てる前に

測量
敷地の高低差に加え、敷地内にある樹木1本1本の樹種と大きさを丁寧に測量し、
日当たりなどの機能面と、お施主様の好みに合わせて、残す木、伐採する木、移動する木を建物の配置と一緒に検討します。
建物の配置や、アプローチ計画と同時進行するため、切らなくてもよい木を切ってしまったり、いざ配置したら邪魔になってしまったり、という無駄がありません。


地盤、排水計画

雨の後の軽井沢では、車で入るのもためらわれるほどの大きな水たまりが道路にできていることがあります。
また、敷地内でも浸透しきれず、いつまでも地表に水がたまっていることがあります。
そして、敷地周囲の地盤が高い場合も、周囲から水が流れ込む場合があります。
湿気を防ぐ建物を作ることはもちろん、敷地にも水をためない工夫が必要です。敷地内の湿気は家の中まで影響してきます。
測量したデータをもとに建物の高さ、周辺地盤の排水計画などを立てます。
台風や集中豪雨のときでも不具合が生じないよう特に気をつけるべきところです。

外構工事
気に入った場所に気に入っ建物を建てました。
これで終わりではありません。
下の写真は外構工事前、工事後の写真です。
外構工事は建物と敷地をより一層引き立てる最後の重要な作業です。

工事前 工事後
工事前 工事後




アプローチ作品集
計画のポイント
玄関に向かって緩やかに登り、水を建物に寄せ付けないようにする。
車や人の動線がスムーズであり、ぬかるみにならないようにする。

浅間石スライス張りアプローチ
築山は浅間石野面積み
浅間石スライス貼り
浅間石スライス張り、浅間石階段、石積み 焼栗丸太伏せ込み
枕木と焼けビリ(浅間石の砕石) 枕木
浅間石石積みと階段 雨水の浸透するインターロッキング
擁壁に浅間石貼り、アプローチは浅間石亀腹 亀腹は浅間石の二つ割りを敷き詰めます。
割り肌を生かすため、より自然な仕上がりとなります。


植栽・造園作品集
敷地に生えていた木は極力無駄にせず、植栽には軽井沢に自生または適した樹木を多用。
敷地の高低差をうまく利用。
軽井沢には日陰を好む山野草がたくさんあります。
南の庭ばかり重視しないで、家の四方にスペースにゆとりを持ち、各方向に適した植栽をして敷地全体を楽しめるようにします。こうすることでプライバシーも保たれます。
例1
建物竣工時の庭の様子 建物前は芝を貼り、南北に長い敷地を生かして枕木で遊歩道を作りました。
遊歩道の先には焚き火やバーベキューの楽しめる石組のスペースを設けました。 道路から建物までは高低差が大きいため、浅間石で階段、石積みを設け、駐車スペースは浅間石のスライス張りにしました。
土手は土が崩れないよう、芝を貼りました。
例2
建物竣工時の庭の様子(南) 建物竣工時の庭の様子(北)
芝生を貼り、走り回れる広々とした空間に。 築山をつくり、奥行きが出ました。
例3
建物竣工時 建物竣工時
玄関前は浅間石のスライス張り アプローチはオールシーズン車が通りやすいよう、アスファルト舗装しました。土手は崩れないよう、芝貼りしました。
例4
建築工事中に、実のなっている山ブドウの木を発見。
高所作業車を使い、丁寧に蔓を外して降ろします。
ブドウ棚を作って庭のポイントにしました。
秋の収穫や、果実酒づくりと毎年楽しんでいただけます。



ウッドデッキ
軽井沢ではデッキは第二のリビング。とても大切な空間です。
テーブルやイス・パラソルなどガーデンファニチャーもご用意します。

イペのデッキ
船の甲板にも使われる、ジャラのデッキ
ユーカリを使ったデッキ
枕木と信州産鉄平石のテラス
メンテナンスフリー
コンクリートテラス
ロシア産カラ松を屋根付きベランダに